気になるシミはレーザー治療と外用薬治療で治す

目を閉じる女性

治療して目立たなく

看護師

種類によって違う治療

多くの女性が気にしていると言ってもいいのがシミでしょう。あるとないとでは見た目がかなり変わってしまうはずです。やはり、ないほうがいいでしょう。自力で消すのはとても大変ですから、治療したほうが良いです。いくつか治療法はあります。気をつけたいのは、どんなシミでもレーザーできれいにしてもらえるわけではないと言うことです。肝斑の場合は内服薬を使って治療をするでしょう。種類によってはレーザーがもっとも効果的ですが、もしかしたらそうではないシミができているかもしれません。自分で判断するよりも、医師に判断してもらったほうが良いです。スキンケアだけでは難しいでしょうから、医師の判断で適切な治療を受けて綺麗にしましょう。

一度で良くなることも

レーザーでシミを無くす場合、一度の施術だけで改善されることも期待できます。老人性色素斑と呼ばれる一般的なシミの治療の場合はレーザーが適しており、一度照射しただけでメラニン色素に反応してしばらくすると照射した場所にかさぶたができます。かさぶたが取れた後は一時的に赤くはなりますが、赤みが引くときれいな肌に変わっているでしょう。だから、一度の照射だけで十分効果が出るというわけです。もちろん、1回では効果が不十分な場合もあります。そういうときは何度か照射することもあります。クリニックによっても治療方針は違いますし、必ずしもこのような治療になるとは限りません。ただ、意外とレーザーのシミ治療は簡単なので早く治療したほうが良いかもしれません。