気になるシミはレーザー治療と外用薬治療で治す

目を閉じる女性

肝斑の新しい治療方法

顔に触れる女の人

元々は薬物療中心でした

シミを取るには、レーザーが効果が高いとよくいわれます。これは、レーザーは元々濃い色に反応する性質が高いためです。この性質を利用して、今ではレーザーによる脱毛も行われるようになっています。ただし、この治療方法が当てはまらないシミもあります。それは肝斑です。肝斑は顔の中心に、ぼやけた形で現れるシミのことで、ホルモンバランスの崩れやストレスなどが原因とされています。このため肝斑の治療には、主に飲み薬や塗り薬が処方されます。特にトラネキサム酸が効果があるといわれており、これを利用した肝斑用の市販薬も出回っています。また塗り薬ではハイドロキノンを配合したものが多く、この2つの薬を併用する形で治療をして行くのが一般的となっています。

薬に代わる治療方法とは

しかし最近では、本来レーザー治療ができないとされていた肝斑の医療に、ちょっとした異変が起こっています。つまり、肝斑にも効果のあるレーザー治療方法が出て来たのです。今まで薬で根気よく治療するしかなかった肝斑ですが、この方法はかなり画期的といえます。もちろん従来のシミとは違う方法になりますし、また時間もかかり、その分費用もまたかかりますが、肝斑を根本的に治したいという人にとっては朗報です。方法としては、特に肝斑治療用に開発されたレーザーや、薬液導入機を用います。特に肝斑用のレーザーには、アンチエイジング効果もあり、また薬用導入液は、皮膚の深部にまで美容成分を送り届けることができますので、ふっくらしたシミのない肌になることも可能です。